公共の太陽光発電、家庭用太陽光発電とはどう違うの?

買取の制度に違いがある

公共の太陽光発電と家庭用の太陽光発電で大きな違いが見られるのはシステムによって異なる電力の買取制度にあります。家庭用の太陽光発電では「余剰電力買取制度」というものが適用されることになります。つまり発電された電気量のうち、家庭で消費された際に余った電力のみを売ることができるということです。家庭での消費をどれだけ抑えるかが影響する為、節電効果が高まるであろうと考えられています。
公共の太陽光発電では「全量買取制度」が適用されています。再生可能エネルギーの普及を促す狙いで始められた制度で、発電した電力の全てを電力会社が買い取るという義務が課せられています。全量買取の電力は環境価値が高いものと判断されて高価格での買取が行われています。

発電の容量と買取の期間が違う

基本的には設置するソーラーパネルによって発電できる容量が変わってくるものです。
家庭用とみなされる基準としては10kw未満のものとされています。固定価格で10年間据え置きで変わることはありません。10kw以上のものを家庭に設置したいと考えていても公共用や産業用のサイズになってしまうので、設置することはできません。
10kw以上のものは安定した利益の獲得ができる場所や土地の有効活用を目的とした使用で設置されることが多いのです。10kw以上のものを設置する際の注意点としてあげられるのは設置費用や土地代などの採算が取れると踏んだ上で設置しなければならなりません。10kw以上になると買い取り期間が20年と長期に渡るからです。